東京で働く新人看護師の中で、特に、東京で生まれ育った看護師は、地方出身の新人看護師とはまたひとつ違った感じで働いています。
自分の家から通える場所にある看護学校に通い、自分の家から通える範囲にある病院に就職する、
そういった人はどのような働きをしているのでしょうか。東京出身の新人看護師が同じ東京で働く場合、以下のような分類が当てはまるように思います。

1.友達が多く、社交的で、コンパによく出席する人
2.日本だけでは飽き足らず、世界を舞台に働きたいと考えるグローバルな人
3.東京ならではのドライな人間関係を好む人
4.男性看護師

これも必ずしも全員に当てはまることではありませんし、複数当てはまる人もいるかもしれません。大別すると、上記のような分類は有用でしょう。
 
1つ目
生まれ育った土地で就職する人は、当然のことながら友達が多くいます。小中高と今まで作り上げてきた友達と、そのまま関係を続けることができます。そして、看護師という職業柄、コンパではとてもモテます。そのことに気をよくして、休みの日はコンパ三昧という人も多くいます。
 
2つ目
「日本だけでは飽き足らず、世界を舞台に働きたいと考えるグローバルな人」ですが、もともと東京という日本の中心に住んでいるため、さらに上を目指そうとすると、自然と海外に目が向いて、さらなる高みを目指そうとする人が東京出身者には多くいます。海外で働くというグローバルな視点は、地方出身者には持ちにくい視点です。
 
3つ目
「ドライな人間関係を好む人」ですが、これも東京出身者に多く、地方出身者にはあまり見られない傾向です。小さい頃からマンションに住んでいて、隣人との付き合いがほとんどない人は特にそういった傾向が強くあります。それが患者様との関係においても、闇を落とすことがあります。
 
4つ目
「男性看護師」ですが、看護師という女性が多い職場に、だんだんと男性が入り込んでいっています。特に東京はその他の都道府県よりこの傾向が顕著です。男女平等がより盛んに取り入れられ、男性看護師を受け入れる土壌が病院側にしっかりあるというのが大きな要因でしょう。東京の病院ではわりと多く、男性看護師が働いています。
 
このように東京で働く新人看護師の、特に東京が地元の看護師に限ってみていくと上記の4つのカテゴリーに分けられるでしょう。この4つの観点から詳しく見ていきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です